HOME >  流川だより

流川だより

訪問聖餐式(2018.07.01)

喜多村淑子さんを入所施設にお訪ねし、讃美歌を歌い、共に主の聖餐にあずかることができました。

広島西分区交換講壇(2018.06.24)

三吉小祈牧師(広島府中教会)が来てくださり、子どもの礼拝ではパネルシアターを用いてメッセージ、主日礼拝の説教を担当くださいました。向井希夫牧師は、広島府中教会で説教奉仕を。

流川こども園職員任職式(2018.06.10)

教会と共にたてられている「流川こども園」で働かれている教師・職員の方々のうえに主の守りと祝福を礼拝の中で祈りました。

子どもの日・花の日合同礼拝(2018.06.10)

持ち寄った花を子どもたちが持って入堂、子どもたちの祝福式を行いました。

 

教会創立131周年記念礼拝/講演会(2018.05.20)

 森本あんり牧師(国際基督教大学学務副学長)をお招きし、恵まれたときを持つことができました。特に憲法9条に込められた平和への誓い、そして流川教会の使命を考えさせられました。

 

2018年イースター合同礼拝(2018.4.1)

 イエスさまの復活を子どもも大人もいっしょにお祝いしました。子どもたちがイースターエッグを持って入堂し、聖書朗読もしました。聖餐式も守られました。

 

「洗足の木曜日」(2018.3.29)・「受難日」(2018.3.30)の祈祷会

イエスさまが弟子たちの足を洗われた「洗足」(ヨハネ福音書13章1~15節)、十字架へかけられた「受難日」(ルカ福音書23章1~56節)の聖書を輪読し、祈りを合わせました。

ゲッティンゲン少年合唱団コンサート 2018.3.19

ドイツ・ゲッティンゲンから約60人の少年たちが来広、平和公園などを訪問後、広島少年合唱団も加わりコンサートを開催。

ドイツ語・日本語の歌が礼拝堂に響きわたりました。

 

教会音楽主事による130周年記念コンサート 2018.3.17

イエスさまの十字架への歩みをおぼえて過ごす受難節に「J.S.バッハと教会音楽~受難節によせ」と題して、高橋孝子教会音楽主事(オルガン)・松岡美奈子さん(ソプラノ)・柴 滋さん(オーボエ)・ピアース麻里さん(ソプラノ)・阿曽沼裕司さん(チェロ)による心に響く演奏が行われました。

炊出し(2018.2.25)

今年度最後の炊出しの奉仕を行いました。カトリック幟町教会多目的ホールで約40人の皆さまがカレーを食べられました。

Copyright(c) HIROSHIMA-NAGAREKAWA-CHURCH All Rights Reserved