HOME >  教会の歴史

教会の歴史

「被爆十字架」について

被爆十字架

礼拝堂の前にかかげられている黒焦げの十字架は、「被爆十字架」と呼ばれているものです。1945年の被爆によってほぼ炭化した木材で作られました。

1995年、被爆50年を記念して前会堂正面にかかげられ、現会堂でも被爆を語り継ぎ、平和を証し続ける大切な十字架としてかかげられています。

被爆した鐘について

被爆した鐘

礼拝堂後部に設置されている鐘には、「昭和五年拾壱月吉日寄付」と書かれています。

「昭和一八年」の週報には、「◆金属回収運動に協力しませう◆御覧の通り当教会は供出しうる凡ての金属を供出致しました。当分不自由でもあり、見たところも見苦しいものがありませう。しかし栄光の日を迎ゆるまで一切のことを忍びませう。」と書かれている中で、残ったものです。

戦争の実態と教会も戦争協力していった姿を忘れず、平和を創り出すためのしるしとして、1995年、被爆50年の年に「被爆十字架」と共に前会堂に架設されました。

平和聖日合同礼拝のときに平和を祈念してこの鐘をつきます。

Copyright(c) HIROSHIMA-NAGAREKAWA-CHURCH All Rights Reserved